一人暮らしをしていると、インテリアを置いてオシャレな部屋を作りたいと思っている人もいるでしょう。

しかし一人暮らしの部屋は、十分なスペースが無い場合がほとんどのため、インテリアを置いてオシャレにすることは難しんですね。

そのため部屋をコーディネートするためには、工夫をしなくてはいけません。

今回は一人暮らしの部屋をオシャレにするためのインテリアの使い方を、ご紹介していきます。

一人暮らしのインテリアに重要な4つのポイント

一人暮らしでは、なかなかスペース的な余裕が無い場合が多いでしょう。

  1. 家具やインテリアの色彩
  2. 間接照明の活用
  3. 日用品を飾る
  4. 観賞植物で呼吸を感じる

ここでは、一人暮らしの部屋のコーディネートをオシャレにするポイントを4つご紹介します。

1.家具やインテリアの色彩

家具やインテリアを揃えるときはなるべく、同じ色彩を揃えましょう。

明るめで爽やかなお部屋にしたいときは、白や赤、黄色や青などの明るめの色の家具やインテリアで統一。

落ち着いた雰囲気にしたいときは、黒やブラウンのような暗めの色。

暖かみのある色合いにしたいときは、木製の家具や、ベージュ系の色のインテリアで統一。

それぞれ自分が作りたいと思った空間を意識して、家具やインテリアの色彩に工夫をしましょう。

すると部屋の印象は大きく変わります。

2.間接照明の活用

間接照明は、非常に簡単にお部屋をオシャレな印象にしてくれます。

スタンド型のライトや、部屋の中心に置く照明をオシャレなデザインの間接照明にすることで、部屋全体が落ち着いたオシャレな雰囲気になります。

あまり間接照明がむき出しになっていると、昭和の河川敷沿いのボロアパートのようなイメージが浮かんできます。

なるべく清潔感のあるように設置しましょう。

3.日用品を飾る

一人暮らしの方であれば、収納スペースも満足になく、片付けるスペースが広い部屋は少ないでしょう。

そんな方にオススメなのが、日用品をあえて見せる方法です。

食器などの日用品や本などをあえて見せることで、インテリアとして成立することも。

デザイン性の高いオシャレな棚を買ってきて、収納に困っている日用品を飾るりましょう。

あまりむき出しになっていると散らかっているイメージになるので注意が必要です。

4.観葉植物で呼吸を感じる

観葉植物を置くことによって、部屋の空気が心なしか暖かくなります。

もちろんアクセントになってくれるインテリアです。

部屋を暖かみのある雰囲気にしてくれたり、色味のアクセントになってくれます。

少し手間はかかるかもしれませんが、あるのと無いのでは印象も大きく変わります。

ペットを飼わなくても寂しさを紛らわせることも。

 

一人暮らしのおすすめインテリア集!

それではここからは、一人暮らしをしている方にオススメなインテリアを紹介していきます。

自分好みの部屋にできるように、参考にしてみてください。

木製のインテリアで統一

木製の棚やテレビ台、テーブルが暖かみのある印象を演出しています。

ラグの色合いも落ち着いた雰囲気のため、暖かみのあるお部屋が好きな方にはおすすめの方法です。

男性にオススメのインテリア

黒系のインテリアで統一することによって、非常にシックな雰囲気になります。

黒で揃えることは、男性の一人暮らしの方に特におすすめで、モテ部屋になるのは間違いないでしょう。

シンプルな一人暮らしのインテリア

モノをできるだけ置かずに、シンプルにコーディネートしている部屋。

しかしあまり殺伐とすると味気がありません。

白系で統一しながらも、照明や棚、絵画などのインテリアを工夫することによってオシャレになります。

木製のインテリアを豊富に用いる

木製の椅子を多く用いることによって、木製の色味が豊富な一人暮らし用のインテリアになっています。

観葉植物などの緑のインテリアを置くことで、木目調の椅子を買った場合にはバランスが取れるでしょう。

自然な感じのするお部屋が好きな方はおすすめです。

ブラウンベースの落ち着きを作る部屋

ダークブラウンの色で統一されたお部屋。

観葉植物や、何気なく置かれたインテリアを用意すると、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

落ち着きのある部屋が好きな人には、ブラウンベースの部屋がおすすめのインテリアです。

色彩を可愛く魅せるインテリア

緑色と黄色の色合いがオシャレさをグッと引き立てるカラーです。

一人暮らしの女の子には特にオススメです。
色使いがとっても可愛い部屋になるでしょう。

カーテンは部屋の印象を決める大切なインテリアアイテムです。カーテンからインテリアを作るというのも作戦うちの一つです。

上品でオシャレさ抜群!

壁掛け時計や間接照明などのインテリアに気を使うことで、非常にオシャレな部屋になるでしょう。

観葉植物や棚にもこだわり持って、上品で最高にカッコイイお部屋のコーディネートにしみてはいかがでしょうか。

デザイナーズマンションに住んでいるようなオシャレなインテリアを築くことができるので、小物にはこだわりを持ちましょう。

明るく華やかな女子部屋にぴったり!

白が貴重になっている部屋に、カラフルな色味のインテリアや家具を配置。

明るく華やかな雰囲気が好きな一人暮らし女子の方は、ぜひ色使いには気を使いましょう。

シンプルなインテリアコーデ

できるだけモノを置かずにシンプルにコーディネート。

ちょっとしたインテリアがオシャレさを逆に引き立たせてくれます。

モノをできるだけ置かない部屋が好きな方は参考にしてください。

ただしあまり殺伐としてると寂しい部屋になりがちです。

女性の一人暮らしにも使えるシンプルコーデ

木製のインテリアや、それに合わせたベージュの家具で統一された一人暮らし用のコーディネートです。

色合いが落ち着いているので、ゆっくりとした時間を過ごすことができそうです。

爽やかな色合いのインテリア

棚やちょっとした小物、インテリアに白系を用いることで爽やかな印象を与えてくれています。

ソファーや椅子をダークブラウンにして、カーテンをブラックにすることで、色のアクセントが出て、オシャレな部屋にも変化します。

 

シンプルな一人暮らしインテリア

できるだけモノを置かずにコーディネートしている部屋です。

貴重となる色は白系なのですが、家具やインテリアをブラウンやダークブラウンにすることで、部屋全体にギャップが生まれるでしょう。

アクセントが出て、落ち着きのある部屋にもなります。

ブラウンで統一

一人暮らしをしている男子学生の部屋におすすめなのが、ダークブラウンの家具やインテリアで統一しているコーディネートです。

部屋全体がシックでオシャレな雰囲気になります。

落ち着いた部屋なので、勉強にも身が入るでしょう。

ナチュラルな雰囲気のインテリア

基調となる白の色にナチュラルテイストの木目調の色合いのインテリアを合わせることで、落ち着きのあるお部屋になります。

観葉植物も雰囲気にピッタリと合うでしょう。

落ち着きのあるインテリア

落ち着きのあるブラウン系で統一しながらも、ベッドカバーやクッションにポイントとなる青を配色する方法。

青を色を使うことで、 落ち着いているイメージになるので、リラックスした気持ちになれます。

グリーンが引き立てるインテリア

白を基調とした色合いに、ダークブラウンの家具やインテリアを配置して色の濃淡を演出。

そこに少し明るめのグリーンのラグやベッドカバーを置くことで差し色となり、オシャレさを引き立たせる方法です。

照明などのインテリアにも色のこだわりを持つとオシャレになります。

ロフトベッドのインテリア

一人暮らしの方の一番の悩みは「部屋が狭い」ことだと思います。

ロフトベッドを上手に活用して、ベッドの下を洋服の収納や書斎として活用すると、綺麗にスペースを活用できます。

オシャレにコーディネートしながらも空間を上手に活用するためにも、一人暮らしの方はロフトベッドを選択肢の一つに入れてみるのは良いかもしれませんね。

ブラックで統一のインテリアコーデ

白を基調にした部屋にブラックの家具やインテリアで統一することで、ギャップが生まれます。

そのため黒の家具やインテリアで統一しても、暗くなりすぎず、シックで爽やかな雰囲気になります。

黒系の色が好きな方は参考にしてみても良いでしょう。

特徴的なインテリアでアクセント

部屋に特徴的でオシャレなインテリアや家具を配置することで、部屋全体がオシャレな印象になります。

色合いもダークブラウンで統一することで、落ち着いた大人の魅力たっぷりなお部屋になります。

小物を上手に魅せるインテリア

木製の家具やインテリアを基調として、ちょっとした小物や雑貨をとても上手にみせることもできます。

シックながらもナチュラルな雰囲気を作ることも可能です。

存在感抜群の間接照明を使う方法

暗めの色で家具やインテリアを統一しておき、部屋の真ん中にオシャレな間接照明を配置しているコーディネートです。

部屋全体がぼやっと暗い感じになりますので、Barで飲んでいるかのような雰囲気になります。

暗めの色合いで落ち着きのある部屋

部屋に置く家具やインテリアを暗めの色で統一。

落ち着きのあるコーディネートを作ることも。

ただし一人暮らしの部屋が殺伐すぎるのは苦手とい人は、明るい色彩のインテリアを用意するのも良いですね。

3色のインテリア

白を基調とした部屋にブラウン系の家具やインテリアを置き、差し色に緑の色を入れることで、シックながらも華やかな雰囲気にコーディネートになります。

スタンドライドや壁掛け時計にもこだわりを持つとオシャレなアインテリアになります。

オシャレさ抜群インテリア

ソファーやカーテンはもちろんのこと、テーブルやテレビ台などには気を使いましょう。

壁掛けの時計や絵画、間接照明や観葉植物などのインテリアを置くことによってオシャレさを格段にアップさせてくれています。

シックでオシャレな部屋に住みたい方にはおすすめです。

爽やかな一人暮らし用のインテリアコーディネート

白を基調とした部屋では爽やかなコーディネートが可能です。

しかし家具にブラウン系の色を入れることで、色のアクセントが出てオシャレになることも。

爽やかな部屋に住みたい方にはおすすめです。

 

生活感を出すインテリア

普段使う本や、日用品を見せることでインテリアとして成立しているコーディネートです。

一人暮らしの場合は収納もあまり無い場合が多いので、あえてみせることでインテリアとして演出してみるのも良いでしょう。

まるでバーのようなインテリア

おそらく男性の方であれば、一度は憧れるであろうBarのようなコーディネートです。

部屋の随所にインテリアを置くことによってオシャレさを格段に引き立ててくれます。

学校の友達を連れてくれば、男女問わず憧れられること間違いナシですね。

まとめ

一人暮らしのお部屋をオシャレにするインテリアをご紹介していきました。

大きなインテリアや家具はスペースを使うため、なかなか置くことができません。

しかし一人暮らしのお部屋でも、工夫をすれば今よりも格段にオシャレにすることができます。

自分好みの落ち着ける空間を作るためにも、今回の記事を参考にして頂けたら幸いです。